ウォーターサーバー、ワンウェイボトルとリターナブルボトルの違い

ウォーターサーバーは、水を宅配してもらえることも大きなメリットとして考えることができます。しかし、ここにも幾つか種類があって、ウォーターサーバー業者の中には宅配便を使って水を配達しているところもありますし、 自前で配達しているウォーターサーバー業者を見付けることもできます。実際には、宅配便を利用して配達をしているケースが多くなっています。

ここには、 リターナブルボトルを使用しているウォーターサーバーと、ワンウェイボトルを使用しているウォーターサーバーとの違いがあります。

リターナブルボトルを使用している業者の場合、リターナブルボトルはいちいち回収しなければならないものであるため、往復で宅配を行う必要があります。伝票を貼ったりする面倒くささを回避するため、リターナブルボトルを使用している場合は、 自社配達が多いと言われています。ただし、自社配達エリアで、 ワンウェイボトルを選択できるケースもあります。

単にリターナブルボトルとワンウェイボトルの比較だけで済ましてしまうと、配達方法の違いによって、不便になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。それぞれの配達方法の違いによって生じるメリットやデメリットとはどのようなものでしょうか。